【知らなきゃ損!】金歯も売れる!歯科スクラップは銀歯だけではありません|金パラ

歯科スクラップ

 

 

金歯は見た目は賛否両論ありますが、長持ちし、人体への影響が少ない金属です。噛み合わせに金歯が馴染むので、歯の再発になりやすい隙間をできる限り埋めてくれるのです。また金のもつ特性から、虫歯の原因を寄せ付けないともいわれています。
昔、金歯を入れた方もいると思います。しかし、経年によって歯が取れてしまったり、抜歯等で不要になるケースもあるかと思います。その金歯を捨てたり、歯医者さんに処分してもらったりしていませんか?捨てないでください。その金歯売れます!今回はそんな金歯の買取について解説いたします。

 

 

 

【目次】
1.金歯とは
2.金歯は売れるのか
3.買取
4.まとめ

 

 

 

 1.金歯とは

 

金歯とは、金や銀、銅、それにプラチナを添加して、強度を高めて作られた金合金で作られています。金100%で作られたものは柔らかすぎて、歯の被せものには適してないのです。

金歯は、金属アレルギーが起きにくく、歯との密着性が高いために、虫歯の再発を防いでくれるというメリットがあります。
また、柔らかいので加工もしやすく、噛み合わせの良さはとても優れていると言えます。さらに、劣化もおきにくいため長く使えるというメリットもあります。
デメリットとしては審美性が悪い事と保険が効かないために治療費が高くついてしまうという所です。

対して同じように虫歯治療でよく使われている銀歯は、保険の範囲内で収まるために、治療費が安くつきます。このため、銀歯を使用される方がとても多いのですね。
しかし、銀歯は古くなると劣化が進みやすく、金属アレルギーも起こしやすいという問題も存在してしまうのも事実です。とちらにもメリットとデメリットがあるのです。

 

 

 2.金歯は売れるのか

金歯が売れる理由は、地金が金でできているからです。口の中にあったものとはいえ、【金】なので価値があるのです。

 

 

 

なぜ金が良いかというと、金の特性がポイントになっていて、変色や腐食がきわめて少なく、他の金属に比べて錆びなどの心配がありません。金には変化しないし、安定性があるという事です。

金が使用されるのは、ずっと体内に残っていても劣化せず、しかも物質が溶け出して人体へ流れ込んでしまうことがないためです。つまり、金はどこにあろうとも本来の姿を保っている、ということです。
加えて、金そのものは非常にやわらかいため銀や銅などの割り金を使って合金にされますが、他素材と化合しないので熱で溶かせば金だけを精製することができます。これは、金製品全てに言えることです。
ジュエリーなど再販できるものであれば金素材の価値、というよりも、そのジュエリーのデザインやブランドの付加価値で買取額が判断されますが、どのような形態の製品でも金素材の価値は変わりません。

こういった理由で、ずっと歯の役割を果たしていた金歯であっても、金としての値段がつくので、捨てたりせずにお金に換える事ができるのです。

 

 

 

 

 3.金歯の買取

金歯の買取についてよく質問をいただく内容を例に説明していこうと思います。

 

2-1.金歯はいくらで売れるの?

それはお持ちの金歯の重量と金の純度によって決まります。
純度とは、「その金歯にどれくらいの金が含まれているか」です。純度が高ければ高いほど金価格は高くなります。
と言うのも、金は合金であることがほとんどです。金歯であれば、やわらかい特性が歯になじみやすい、というメリットに繋がりますが、高額なため純金を選んだ、という方は少ないでしょう。
一方で金純度が低く、銀や銅などの割り金が多すぎると金属アレルギーを引き起こしたり、口腔内で劣化してしまったりといった原因になる為、金歯の純度はK20、K18、K14が一般的とされています。ちなみに、アクセサリーに使用される金はK18がよく使用されています。

なお、金は国際的に取引されているため、為替や需要・供給の変動などによって毎日相場が変わります。また、買取店ごとで金の価格は異なります。毎日ホームページやSNS等でチェックしたほうが良いでしょう。

2-2. 手数料はかかるのか?

手数料はお店によって異なるので、必ず複数の買取店を確認するとよいでしょう。
金歯に歯や樹脂などの人工物がついている場合、除去に手数料がかかることがあります。また、金価格にはお店による手数料・利益率が加算されています。
金歯は、必ず金歯を査定に出す前にその日の金価格を確認し、複数社のものを調べることが大切です。

 

 

 

 

 4.まとめ

金歯の買取について、売り方や注意点、いくらの買取額が算出できるのかをご紹介いたしました。
金歯は口の中で補助として役目を果たしていたため、取れてしまったら気軽に処分。そんな風に思われていることもありますが、立派な資産です。
今お手元にある方や、あるいはこれから入れ歯などを替えるので手元に金歯が残るという方は、ぜひ一度査定に出してみてはいかがでしょうか?

もちろんJPメタルでも金歯の買取をおこなっております。まずはお問合せください。

 

 

 

↓インスタグラムも毎日更新中です。↓

 

 

 

JPメタルでは、金パラ買取、および金パラ販売を行っております。
金パラ以外の歯科貴金属製品についても、JPメタルにて買取可能ですのでお気軽にご連絡ください。
さらに、歯科スクラップ買取も行っておりますので、金パラ製品をご購入の際に下取りさせていただきますと、
料金を相殺してお得にお求め頂く事ができます。

 

1、スマートフォン・パソコンで買取申込ください。

株式会社モリタの歯科材料製品の買取申込書ダウンロード、ネット申込はこちら

2、電話 06-6307-2346 よりお申し込みください。

金パラ買取に関するお電話での申込・問い合わせはこちら

また、郵送時の梱包資材は以下から申し込みいただけます。

無料宅配キッドのお申込みはこちら

関連記事一覧