堤田貴金属工業(金パラの製造メーカー)はどのような会社か?どんな製品があるか?

メーカー, 金パラ

金パラ製造メーカーとして中四国九州で有名なのが、堤田貴金属工業株式会社(以下、堤田貴金属工業)です。では、堤田貴金属工業とはどのような会社なのでしょうか。以下で見ていきましょう。
なお、本ページでは堤田貴金属工業のホームページ (http://www.gold-tsutsumida.co.jp/)より画像を引用させて頂いております。

堤田貴金属工業(ツツミダキキンゾクコウギョウ)はどのような会社か?

堤田貴金属工業とはどのような会社か?堤田貴金属工業は、創業1948年・資本金7700万円・売上高20億円・従業員数19名の中四国唯一の金問屋で(社団法人)日本金地金流通協会・正会員の会社です。
中四国九州唯一の歯科用合金JIS規格品製造工場で貴金属リサイクル専門の会社でもある。

1948年1月 堤田英雄(現会長)が個人で広島市舟入川口町にて、金銀回収精錬業を創業

1967年3月 事業発展により法人組織に変更

1969年2月 現在地に本社及び工場の諸設備移転完了

1978年4月 本社・工場新社屋落成

1980年2月 (社)日本金地金流通協会正会員となる

1968年~1986年 各種歯科用貴金属合金の日本工業規格表示許可工場の資格取得

1991年4月 貴金属精製システム(ロングワイドリサイクルシステム)を開始

1975年~1993年 山口県・広島県・福岡市各歯科医師会の指定店となる

1994年7月 産業廃棄物収集運搬業の資格取得

1998年1月 創業満50周年

2001年12月 医療機器歯科用貴金属合金の製造でISO9001:2000 認証

2006年1月 貴金属精製システムに早く仕上がるのぞみ・ひかりシステムを追加

2008年8月 歯科用貴金属の設計、開発、製造及び販売でISO13485:2003 認証

 

 

堤田貴金属工業(ツツミダキキンゾクコウギョウ)の金パラ製品について知ろう

堤田貴金属工業の金パラ製品

次に、堤田貴金属工業の金パラ製品についてご紹介します。堤田貴金属工業が販売している金パラ製品は2製品となります。

 

スーパーハイキャスト12

堤田貴金属工業より製造されている歯科鋳造用金パラジウム製品。

金…12.02%
銀…50.98%
パラジウム…20.2%
銅…15%
液相点…940℃
質量…30g

 

 

スーパーマイルドDX12


堤田貴金属工業より製造されている金パラジウム製品で現在、堤田貴金属工業の主力製品。

金…12.02%
銀…45.87%
パラジウム…20%
銅…20%
錫…1.2%
インジウム…0.8%
イリジウム…0.01%
液相点…920℃
質量…30g

 

 

スーパーソルダー25


堤田貴金属工業より製造されている製品で歯科鋳造用金銀パラジウム合金等のろう材に用いる。

金…25%
銀…37%
パラジウム…7%
銅…18%
インジウム…3%
亜鉛…10%
液相点…780℃
質量…5g

 

 

堤田貴金属工業(ツツミダキキンゾクコウギョウ)の金パラ以外の製品について知ろう

堤田貴金属工業は、金パラのみを製造しているわけではありません。他にも多くの歯科金属を製造販売しています。以下でご紹介いたします。

堤田貴金属工業の金パラ以外の歯科金属製品

 

グランドシルバーエス

歯科鋳造用銀合金第2種
高インジウムとゲルマニウム配合で耐変色性、適合性、鋳造性に優れた銀合金です。
用途はインレー、アンレー、クラウン、支台築造、ブリッジ等で使用されています。
特徴はゲルマニュウム配合で適合性アップ。

銀…70%
インジウム…22%
亜鉛…5.9%
錫…2%
ゲルマニウム…0.1%
液相点…660℃
質量…100g

 

 

ツツミダシルバーDX

歯科鋳造用銀合金第2種
仕上げ研磨後の光沢は顧客満足をアップさせ、低価格で操作性の良いヒット商品です。
用途は、インレー、アンレー、クラウン、支台築造、ブリッジ等で使用されています。
特徴は辺縁強度、弾性に優れた経済的銀合金です。

銀…73%
インジウム…7%
亜鉛…11%
錫…9%
液相点…660℃
質量…100g

 

 

キャステイングシルバー

歯科鋳造用銀合金第1種
銀を主成分に適量な錫、亜鉛を加えた基本的な三元合金です。
鋳造は低融銀合金(液相点560℃)なので、簡単にキャストできます。
用途は、インレー、アンレー、支台築造等で使用されています。

銀…66%
亜鉛…12%
錫…22%
液相点…560℃
質量…100g

 

 

エボセブンシルバー

歯科鋳造用銀合金第2種
銀合金の弱点である耐変色性に注目し、経済性との両立を限りなくバランスさせた設計となっております。
用途はインレー、クラウン、支台築造、ブリッジ等で使用されています。
特徴はメタル色の輝きと耐変色性に優れた銀合金です。

銀…70%
インジウム…22%
パラジウム…0.7%
亜鉛…5.5%
錫…1.8%
液相点…680℃
質量…100g

 

 

ツツミダ エコシルバー

歯科鋳造用銀合金第2種
Pdを1.5%含有、伸び13.5%
コアーに最適な銀合金の完成です。
堤田貴金属工業の銀合金第2種の中で、伸び率No.1です。
引張強さにも優れ、破折不安を一掃します。
用途はインレー、アンレー、歯台築造、コア等で使用されています。

銀…71%
インジウム…22%
パラジウム…1.5%
亜鉛…5%
錫…0.5%
液相点…715℃
質量…100g

 

 

K20キャスティングゴールド

歯科鋳造用金合金
銀、銅の配合をほぼ等しくすることで、明るい黄金色を実現しました。
用途はインレー、アンレー、クラウン等で使用されています。

金…83.5%
銀…7%
インジウム…0.7%
パラジウム…1%
亜鉛…0.3%
銅…7.5%
液相点…940℃
固相点…880℃
質量…10g

 

 

K18キャスティングゴールド

歯科鋳造用金合金
歯科鋳造用金合金JIS T6116:2012に適合した新開発の金合金です。
従来に比べ、一層高度な生体適合性基準をクリアーした明るい金色の製品です。
用途はインレー、クラウン、ブリッジ、クラスプ、バー、ロングスパンブリッジ等で使用されています。

金…75%
銀…8%
パラジウム…1%
亜鉛…1%
銅…15%
液相点…890℃
固相点…840℃
質量…10g

 

 

K14キャステイングゴールドインレー

歯科鋳造用14カラット金合金
インレー、アンレー用のK14金合金として適度な硬さを実現しました・
用途はインレー、アンレー、クラウン等で使用されています。

金…58.4%
銀…10%
インジウム…2%
パラジウム…1%
亜鉛…1.6%
銅…27%
液相点…850℃
固相点…820℃
質量…10g

 

 

K20ゴールドソルダー

歯科用金ろう
固相点が850℃以上の金合金、白金加金等のろう付けにご使用ください。
用途はK20金合金用ろう材で使用されています。

金…83.4%
銀…4%
インジウム…2%
亜鉛…5%
銅…5.6%
液相点…800℃
固相点…760℃
質量…2g

 

 

まとめ

堤田貴金属工業は、創業以来主に貴金属の分析、精製を半世紀以上に渡り行っています。
その技術・品質実績は JGMA(一社)日本金地金流通協会に認められ、中四国唯一の正会員となっています。
自社で精製した金地金(999.9%)に自社の刻印を打ち、全国で売り買いできる地金商に成長しております。
金パラ製品としては、「スーパーハイキャスト12」と「スーパーマイルドDX12」を製造販売し、金パラ以外の歯科金属製品としては上記、多数商品を製造販売しています。

堤田貴金属工業の金パラ製品、または金パラ以外の歯科金属製品についても、JPメタルにて買取可能ですのでお気軽にご連絡ください。

1、スマートフォン・パソコンで買取申込ください。

買取申込書ダウンロード、ネット申込はこちら

2、電話 06-6307-2346 よりお申し込みください。

お電話での申込・問い合わせはこちら

また、郵送時の梱包資材は以下から申し込みいただけます。

無料宅配キッドのお申込みはこちら

関連記事一覧