金(ゴールド)買取!金のチャートや取引価格の相場推移掲載!

  • HOME
  • 金(Gold)買取&相場価格推移チャート

金(ゴールド)の取引相場価格チャート画像

金(Gold)相場推移チャート

安心して金を売る。相場価格チャートの重要性

ご存知のように、市場相場は刻々と変化をしています。
貴金属取引において損をしないために重要なことは何でしょうか?

それは【相場価格チャートを確認すること】これに尽きます。

JPメタルは買取額を公示しております。安定した高額買取価格を過去よりご提供させていただいております。
金高騰と騒がれておりますが、JPメタルの金額は一時の高額買取額提示ではないことをご確認いただけると思います。
毎日簡単に推移を確認できるように、見慣れやすくわかりやすい相場価格チャートを準備しています。
毎日の推移チェックにご利用ください。

JPメタルでの金(ゴールド)買取価格

JPメタルでは、市場買取公示価格の97%で買取を行っており、金(ゴールド)の買取価格は業界トップクラスです。
最大手を含む他社との買取価格の比較表をトップページに掲載しており、他社よりも高値での金の買取が可能ですので、是非ご参考ください。

金(ゴールド)1gの値段

金(ゴールド)買取相場について

2019年金高騰の背景

最も大きいファクターとしては、ひとえに世界経済への不安だと表現することができます。
米国と中国という経済大国間での貿易戦争、各国への経済制裁による世界経済の景気後退懸念。
トランプ政権への不安・先行き不透明感、米政権が本格的なドル安政策を採用するのではないかとの警戒感が、安定資産として金に対するニーズを高めています。世界経済自体も大きく振り回されています。

金の価格の変動要因

金はある時には「貨幣」として、ある時には「宝飾品」として、またある時には「権威の象徴」として、人類の歴史に長く関わってきた貴金属の王様で、その価値は世界中で認められています。金の取引は世界のいたる所で行われており、中でも金の国際指標価格が形成されている市場が米国のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)です。

金の需要と供給

需要 金の主な需要は加工用需要で、中でも宝飾品需要が世界需要全体の40%以上を占めています。宝飾品需要は景気の影響を受けやすく、好景気になると金の需要が増加します。
供給 金の主な供給は鉱山からの新産金と2次供給(スクラップ)金で、これらを合わせるとほぼ世界供給量になります。新産金は主に中国や南アフリカ、北米、オーストラリアなどで生産されます。

金の値動き変動要因

産金コスト 産金コストの上昇は減産につながるため、上昇要因となります。以前は生産に関連するコストだけが産金コストの基準でしたが、近年は生産のみならず、鉱山会社の経営・運営に関するコスト、帳簿上に反映されるコスト等、あらゆるコストを含んだ「オール・イン・コスト」が基準となっています。様々なコストが上乗せされるため、ただの生産コストよりも高くなります。
公的機関の金保有戦略 90年代後半に注目されたのが欧州の中央銀行の保有金売却でした。99年9月に欧州の中央銀行が保有金売却量に上限を設定したことでこの動きは弱まり、リーマンショック以降のドル不安や、ソブリンリスク(国家の信用リスク)の高まり等により、逆に購入が目立ってきています。
物価上昇 物価が上昇すると金価格も上昇する傾向があります。物価上昇の目安としては物価指数の他に、原油価格の動向も目安となります。
国際問題 「有事の金」という言葉が示すように、国際関係が緊迫化すると資金の避難先として金が買われ傾向もあります。
金融市場の動向 金ETFが上場したことにより、金融市場から年金基金などの機関投資家の資金が流入するようになりました。商品市場に比べて金融市場の資金規模は極端に大きいため、金融市場の動向が金市場にも波及してきます。2011年9月に金価格が1トロイオンス1900ドル台を記録しましたが、金融市場からの資金が金ETFを通じて流入していたことの影響が大きいと言われています。
為替の動向 国際商品に共通して言えることですが、円建て金価格は円相場の動向も大きく影響します。輸入品と同じで円安⇒金高、円高⇒金安となります。

売り時はいつ?

2019/8/8、金先物価格が1982年以来最高値を更新して1グラム=5,128円に達しています。
ただし、金の超高騰は世界の市場では好ましい現象であるとは評価をされておりません。
金は安定した”安全資産”でなけれならない、と評価されるのは当然ではないでしょうか。
今後どうなるかは、正直予測は難しいところですが、大きな出来事により金相場が急激に低下するリスクを考えれば、今こそ売りに出すタイミングと言えるでしょう。

金(ゴールド)とは

貴金属として、資産保全の手段として、様々な素材として私たちに身近な金ですが、今一度金について簡単におさらいしてみましょう。

歯科で使われている金について

レアメタルとしての金

金はどのぐらい世界にあるのでしょうか?
答えは、世界にわずか約22万トン(t) しかないと言われています。そのため、希少金属(レアメタル)と呼ばれています。
これまでに人類が採掘した金はおおよそ17万tと言われています。まだ掘り出されていない世界全体の金埋蔵量は約5万t。後20年ほどで埋蔵している金(ゴールド)は尽きる計算だといわれています。
流通金として、宝飾品:49.2%、民間投資:19.3%、国など公的セクターが保有しているのが17.2%、その他12.1%といわれています。

純度について(18金・24金など金の種類ごとの特徴)

よく耳にする”純金”や”18金”といった表現。これはどういうことなのでしょうか?
合金の主成分の含有率は品位もしくは純度と表現されますが、基本金の品位は24分率で表されることが多く、100%の純金は”24金””24カラット (Karat ※宝石の重量Caratとは異なる) または K24”と表されます。以下、金の含有率に従い数値を変わっていきます。18金は金の含有率が18/24、すなわち75%である表現として装飾品に750と刻印されています。

※カラット (Karat)
金の純度を24分率で表す単位のことで、純金K24(24金)とは純度の24分の24を表し、以下 K22(22金)なら24分の22 、K18(18金)なら24分の18 (75 %、ジュエリー用750‰(パーミル))を表します。

金の種類、装飾品としての価値

金は通常錆びることがなく、アクセサリーとして手入れしやすく、安心して身につけられることも人気の理由です。
純金は軟らかいため、そのままでは装飾品として機能しづらいので金合金として精製されることが多いです。
金合金として精製されたものはカラーゴールドと呼ばれ、多くは装飾品・ジュエリー等に利用されています。
銅、パラジウム等、配合配分によって様々な色調があり、金合金は一般的に金の種類として認識されています。
有名なのは、イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールド。他にも、グリーンゴールド・レッドゴールド・パープルゴールドと呼ばれるものがあります。

  • イエローゴールド(YG)
  • K18 の場合、金750‰、残りを銀銅等量のものをイエローゴールドと称している。しかし、銀4 – 6、銅6 – 4の比率の範囲も、イエローゴールドの範疇としている(ISO8654)。一般的に認知されている金色に近い。

  • ピンクゴールド(PG)
  • K18 の金750‰、残りの割り金の80 %銅の合金を一般的に、ピンクゴールドと称している。パラジウムを加えることがある。万年筆の装飾などにおいて、他の色とは異なる高級感を演出する際に利用される。色合いは銀に近く、わずかに銅のような赤みを有する。

  • ホワイトゴールド(WG)
  • 白色金。ニッケル系とパラジウム系があり、金にそれぞれの元素と、前者は、さらに銅、亜鉛を、後者はさらに銀、銅を加えて、白色化した金合金をホワイトゴールドと称している。K18 の場合、ニッケル系、パラジウム系ともそれぞれ50‰以上を含まないと、白色度が不足する。一般社団法人日本ジュエリー協会は色差を用い、ホワイトゴールドの色の範囲を指定している。以前は白金の代用品として装飾品に用いられたが、現在はカラーゴールドの一種としての地位を得て、イエローゴールド以上に普及している。
    このほか、黒味がかったブラック・ゴールドや、柔らかな金茶色のベージュ・ゴールドなどもある。

  • グリーンゴールド
  • K18 の場合、金750‰で残りが銀の合金をグリーンゴールドと称している。日本語では青割り、または青金という。ブルーゴールドという呼称もよく利用される。ISO8654 の金の色と名称の範囲で、グリーンゴールドの成分比率と色名を定めている。

  • レッドゴールド
  • K18 の金750‰、残りの割り金が全て銅の合金。銅以外の金属を割金に使う場合もある。グリーンゴールド同様、ISO8654 で成分比率と色名を指定している。日本語では赤割り、または赤金と言う。

  • パープルゴールド
  • 金800‰に対してアルミニウム約200‰程度の割合の合金[12]で、地金は紫色を呈する。脆いという性質があったが近年の加工技術により宝飾品として部分的に利用されている。